IMG_42825

1月22日、安藤立美副知事宛てに平成26年度東京都予算暫定案に対する会派としての復活要望書を提出しました。

以下掲載します。

(ファイルはこちらから)20140117復活予算要望カバーレター02 20140117復活予算要望提出02

平成26122

東京都知事職務代理者

東京都副知事 安藤立美 殿

 

 

みんなの党

幹事長 両角みのる

政策調査会長 おときた駿

 

 

 

 

平成26年度東京都予算暫定案に対する復活要望について

 

 

 

本年117日に発表された平成26年度東京都予算暫定案は、都知事不在の中で策定される異例のものとなりました。直面する都政の重要課題に遅滞なく対応するという決意の下、リーダー不在の中で予算案を作り上げた各局の尽力に感謝申し上げます。

本予算案は、堅調な企業収益と地方消費税率の引上げなどで9.1%の増額となる都税収を受けて、「福祉と保健」「労働と経済」の分野で積極的な予算編成となっております。今後、急速な少子高齢化を迎える東京都において福祉の充実は最優先課題であり、また景気を支える各種産業・雇用政策に注力されていることを高く評価するものです。

こうしたなかで、私たちは、2020年 のオリンピック・パラリンピック東京大会に向けて「超高齢化が進んだ成熟した大都市のモデルを世界に示す」、「首都直下地震等の震災対策を推進する」、 「海外からの来訪者が快適に過ごすことができる、おもてなしの国際都市づくりをすすめる」ことが重要と考えています。さらに、その前提として、持続可能な 行財政運営のためには無駄削減の不断の努力と構造的な行財政改革は避けて通ることはできません。

このような観点から、わが党は別紙のとおり総額約45億円の予算復活要望を行います。いずれも東京の未来のため、必ず必要になる経費であることを確信するものであり、これら要望項目が復活・増額されるよう強く求めるものです。

単位:百万円
事項 局要求額 内示額 復活
要求額
復活後
合計額
病院経営本部
電子カルテの更新等 820 777 43 820
迅速で的確な危機管理体制の強化 2,136 2,091 45 2,136
災害に備えた体制強化 349 313 36 349
建設局
第二次交差点すいすいプラン 4,992 4,675 317 4,992
無電柱化の推進 16,155 15,935 220 16,155
動物園の整備 3,321 2,692 629 3,321
生活文化局
男女平等参画施策 1,000 989 11 1,000
公衆浴場対策 798 795 3 798
オープンデータ化促進検討事業 0 0 50 50
私立学校振興費 173,399 172,901 498 173,399
私立学校ICT整備費補助 0 0 500 500
環境局
環境エネルギー政策の推進 345 242 103 345
産業労働局
外国人旅行者誘致の新たな展開 942 827 115 942
MICE誘致の促進 496 429 67 496
交通局
交通パネルのユニバーサル化検討事業 0 0 20 20
教育庁
習熟度別少人数指導の推進 15,631 15,541 90 15,631
若手教員の育成 2,271 2,071 200 2,271
都立学校ICT計画の推進 2,345 2,326 174 2,500
病院・施設内分教室等におけるタブレット端末の配備 23 19 11 30
総務局
外郭団体実態調査費用 0 0 20 20
都内広域Wi-Fi設置検討事業 0 0 20 20
青少年・治安対策本部
青少年育成総合対策の推進 338 325 13 338
福祉保健局
地域包括支援センター機能強化推進事業 1,550 880 670 1,550
保育士等処遇改善臨時特例事業 2,652 2,320 332 2,652
動物愛護事業等 36 36 14 50
議会局
委員会中継実施費用 0 0 10 10
警視庁
防犯対策の推進 806 798 8 806
人材基盤の整備 410 115 295 410
消防庁
勤務環境の整備 2,843 2,841 2 2,843
情報通信体制の整備 7,268 7,266 2 7,268
合計 240,926 237,204 4,518 241,722