2016年8月1日

  かがやけTokyo幹事長  両角みのる

小池百合子知事誕生を受け(コメント)

舛添前知事の辞職に伴う出直し知事選挙が実施され、政党推薦のない小池百合子候補が政党支援を全面的に受けた有力2候補を大差で下して勝利した。

この結果は、都民が政党都合による候補者選定に辟易し、真にしがらみの無い都民のための都知事を求めていた証左でもある。

我々 かがやけTokyoは知事選告示前に「都政大改革」を公約の柱に掲げた小池候補支援を明確に打ち出し、選挙期間中を通じ、陰に日に全面的な応援を展開してきた。

今回、小池百合子候補が300万票近くの圧倒的な都民の支持を得て都知事に選ばれたことを新しい東京の幕開けとして心より歓迎するものである。

とはいえ、ここ数年、猪瀬、舛添両知事の任期途中の辞職にともない、オリンピック・パラリンピックを控えて重要な時期にある都政は停滞を余儀なくされてきた。

小池百合子知事には、構造的な都政の問題に正面から取り組むとともに、山積する諸課題にスピーディに対処し、新たな時代の都政を展開・前進させていくことを切に希望するものである。

また、二元代表制の下、知事と議会は適度な緊張関係を持ちつつも都民益を第一に協力すべき点については協力すべきであり、いたずらに選挙での対立構図をそのまま都政に持ち込むべきではない。

私たち、かがやけTokyoは、圧倒的な民意を得て登場した小池知事の「東京大改革」を議会の場から全力で応援していくとともに、選挙で示された多くのしがらみなき都民の声を裏切ることの無いようしっかりと都民目線で知事を見守り、議会活動を展開していくものである。