FPが教えるおすすめのデビットカードとは?デビットカードの選び方を教えます。

smbc(三井住友銀行)が発行しているデビットカードがお得!

smbc(三井住友銀行)が発行しているデビットカードは当然のことながら三井住友銀行の口座から引き落とす形で決済ができるのが特徴です。クレジットカードとは違い、残高の範囲内で利用できるので使いすぎや後になって支払いに困るといったことがないのが魅力です。

また、口座からお金を振り込んだり、引き出して現金決済を利用する場合にはATM手数料などの負担が必要になる場合もあります。しかしこのデビットカードならそうした負担もありません。単にキャッシュレス決済の観点だけでなく、日ごろ三井住友銀行をメインバンクとして利用する上でもデビットカードの導入はメリットが大きいわけです。

しかも三井住友銀行ではアプリケーションとデビットカードを連動させたサービスも展開しており、アプリケーションでデビットカードの番号を確認しながらネット通販などの決済でも利用できます。利用明細などの管理も手軽にできるので使い過ぎを防ぐのも簡単です。

この三井住友銀行のカードはVisa加盟店で利用することができます。Visa加盟店は全国規模で展開されているので利用できる機会も多く、せっかく導入したのにデビットカードが使えないといった問題を抱えにくいのも魅力です。

smbcのデビットカードの種類は?

この三井住友銀行が発行しているデビットカードには大きく分けて2つの種類があります。先ほど挙げたvisa加盟店で利用できるのは国際ブランドVisaと提携したオーソドックスなタイプのカードです。それに対して銀行のキャッシュカードで利用できる「ジェイデビットカード」という種類もあります。こちらのジェイデビットカードは申し込む必要もなく、キャッシュカードさえ持っていればすぐに利用できるので試しに使ってみるのもよいでしょう。

このジェイデビットカードを利用する際にはキャッシュカードの暗証番号を自分で加盟店に設置されている端末に入力することで利用できます。Visaと提携したカードに比べて加盟店の数が限られてしまう点、ポイント付与のメリットがないなどのデメリットもあるのでどちらがよいか検討してみるとよいでしょう。

一方オーソドックスなVisaのsmbcデビットカードでは国内はもちろん、海外にも広がるVisa加盟店で利用できるほか、利用の際にはポイント付与かキャッシュバックかを選択することができます。

smbcポイントでは利用額の0.5パーセントが加算され、次回に利用することができます。一方キャッシュバックは利用金額の0.25パーセントをデビットカードの支払いに設定している口座に自動的にキャッシュバックされます。お得なポイントがいいか、現金が返ってくるのがよいか、状況に合わせて選択することができるわけです。

先ほども触れたようにネットショップの決済にも利用可能です。その際にはカード番号とカードの有効期限を入力するだけで決済が可能です。

こちらのデビットカードでは口座番号や暗証番号の入力も必要なくコンビニやスーパーなど身近な買い物でも手軽に利用することができます。さらに「iD」や「Visaタッチ決済」といったカードリーダーが設置されている店舗ではカードを端末にかざすだけで決済が可能です。

三井住友銀行で口座を持っている人ならメリットだらけ!

年会費も無料なのでとくに負担もなく導入することもできますから、すでに三井住友銀行の口座を持っている人にとっては「持つだけお得」なカードといってもよいでしょう。またこれからデビットカードの導入を検討している方にとっても手軽に導入して利用できるという点でメリットが大きく、三井住友銀行の口座開設も含めて検討してみる価値が十分にありそうです。

メガバンクの安心感もありますし、プラチナ会員など付加価値は求めず日常の決済にデビットカードを求めている方に向いているカードとして評価できそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。