FPが教えるおすすめのデビットカードとは?デビットカードの選び方を教えます。

イオンのデビットカードってどんなサービスなの?

デビットカードにも色々な種類があります。その中でも注目したいものの1つが、イオンのデビットカードです。

このカードはイオン銀行が発行するもので、中学生を除く15歳以上なら申し込めます。つまり高校生以上なら使えるということです。イオン銀行に口座を持っている人ならおすすめのデビットカードですが、色々と知っておきたい情報もたくさんあります。

まずはイオンのデビットカードにどんな特徴があるのかについて見ていきましょう。

イオンが提供しているデビットカードには、2つの種類があります。

1つはデビットカード単体で提供しているもので、もう1つはイオン銀行のキャッシュカードとデビットカードが一体型になっているものです。ただし違いはこれだけではなく、それぞれのカードで提供されているサービスにも違いがあります。

単体のデビットカードはVISAブランドになります。そして最大の特徴として、発行してもらうためには審査に合格する必要があるのです。手軽に持てることがデビットカードの特徴なので、審査が必要なことはそれだけでデメリットに感じられます。だけどそこにはしっかりとした理由があるのです。

イオンのデビットカード(VISA)には、預金残高が不足している際に10万円まで立て替えてくれるというサービスが付帯されています。メインバンクとして使っているならともかく、デビットカード用に必要最低限の金額を入れている人の場合、このサービスはなかなかうれしいポイントです。

もちろん使いすぎには注意をする必要もありますが、突発的な買い物の時に残高が足りず支払いができないことを回避できるなら、10万円のバックアップサービスはとても頼もしいです。

このサービスはデビットカードの中でもあまり見られないもので、クレジットカードとデビットカードの中間にあるカードと言っても良いくらいです。

VISAブランドであるため加入点も多く使える場所も多いメリットもありますが、イオンで単体のデビットカードを発行するのかどうかを考えるときには、このバックアップサービスが必要なのかどうかで考えてみましょう。

次にイオン銀行のキャッシュカードとデビットカードの一体型ですが、こちらはJCBブランドになります。国内で使うことがメインの人なら、VISAブランドよりもJCBブランドの方が加盟店は多いので、よりデビットカードを活用しやすくなります。

JCBとVISAでは加盟店数に違いがあると言っても、日常生活で利用する分には極端な違いを感じられるほどではないです。ただしキャッシュカード一体型の場合は、電子マネーのWAONが搭載されているメリットもあります。デビットカードとして使うだけではなく電子マネーとしてもそのまま使えるので、こちらも魅力的です。

デビットカード単体とキャッシュカード一体型には、このような違いがあります。カードでの支払いを管理しやすいのはどちらなのかもありますが、どういうところで買い物をするのかによっても、その違いを実感できるようになっています。

また共通していることとして年会費が無料であること、還元率や海外利用手数料が低めになっているなどもあります。選択肢があることも含めて優秀なデビットカードなので、イオン銀行に口座を持っている人でデビットカードの所有を検討しているなら候補に入れたいところです。

VISAの場合は審査があるので、それならいっそクレジットカードの方が良いという考え方もあります。ただしデビットカードを持つ理由が「使いすぎてしまうかもしれないので管理しやすいカードが良い」というものなら、イオンのデビットカードはとても魅力的なものになります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。