FPが教えるおすすめのデビットカードとは?デビットカードの選び方を教えます。

三菱UFJ-デビットカードのメリットとは?その特徴を解説!

銀行大手の三菱UFJ銀行では、三菱UFJ-デビットカードという名のデビットカードを発行しています。充実したサービスと、安心の機能、使いやすさが盛り込まれていますので、おすすめのカードの一つです。そのメリットと特徴をチェックして、利用を検討してみるのはいかがでしょうか。

まず、三菱UFJ-デビットカードの申し込み条件は、三菱UFJ銀行に口座を持っていることと、日本国内に住んでいる、15歳以上であるというものです。現在、三菱UFJ銀行に口座を持っていなくても、デビットカードの申し込みと同時に口座開設ができますので、すぐに始められます。また、15歳以上ということで未成年の学生であっても持てるというのが魅力です。ただし、これは親名義で持てるクレジットカードの家族会員のようなものではありません。デビットカードを持つには本人名義の口座が必要となりますので、子どもも専用の口座を開く必要があります。

特に申し込みは難しくなく、口座をすでに持っているのであれば、ホームページから口座番号、発行されるカードのデザイン、ローマ字の氏名、暗証番号を入力するだけです。特に審査はありませんので、申し込みさえすればすぐに発行されるのがメリットです。ちなみに、カードデザインは3種類設けられていて、期間限定の東京2020オリンピックのマーク入りのものも選ぶことができます。

年会費は初年度が無料となっていて、2年目から税抜き1,000円がかかります。しかし、この年会費は年間10万円以上の利用があると自動的に無料となりますので、実質無料で使えるのが特徴となっています。また、23歳以下の利用者は利用金額に関わらず無料となっています。

デビットカードを使う一つのメリットは、海外でのショッピングができること、現地通貨を海外ATMで引き出せるということです。特にATMでの現地通貨引き出しは、キャッシングという形しか採れないクレジットカードにはない機能ですのでデビットカードのメリットが際立ちます。三菱UFJ-デビットカードは、VisaマークもしくはPLUSマークが付いているATMで現金を下ろすことができます。手数料は1回あたり税抜き100円と、一定のパーセンテージの海外事務手数料がかかります。

さらに、三菱UFJ-デビットカードのメリットとして挙げられるのが、旅行保険が付帯しているということです。海外旅行であれば死亡のケースで最大3,000万円、傷害では100万円が補償され、国内旅行でも死亡・後遺障害で最大3,000万円が補償されます。このように、海外旅行に強いデビットカードと言えますので、旅行を計画しているのであれば、三菱UFJ-デビットカードを検討するのも良いでしょう。

三菱UFJ-デビットカードのポイント還元は、利用合計額1,000円につき1ポイントとなります。ポイントプログラム「OkiDoki」で活用できる1ポイントは5円相当となっていますので、効果的にポイントを活用できます。その他の利用先では、ポイント交換率が異なってきます。たとえば、アマゾンでのショッピングであれば、還元率は0.35パーセントとなり、楽天スーパーポイントへの交換では0.4パーセントとなっています。また、支払い代金の充当にも使うことができて、1ポイントあたり3円として使えます。

JCBブランドを洗濯すると、いろいろな特典があります。海外旅行の際に便利なJCBデスクとラウンジの利用が可能となりまし。また、セブンイレブンでの買い物でポイント3倍、Amazonでの買い物でもポイント3倍となります。よりお得に使いたいというのであれば、こちらのブランドを選ぶのもありです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。