FPが教えるおすすめのデビットカードとは?デビットカードの選び方を教えます。

デビットカードを作る時に審査は行われるのか

クレジットカードを作る場合、必ず審査が行われます。一方、デビットカードを作る場合、審査がある場合とない場合の2パターンが存在するのです。クレジットカードを作る場合に審査が必要なのは、貸し倒れによるリスクが想定されるからです。後払いのクレジットカードの場合は、貸し倒れのリスクを防ぐために審査が行われています。クレジットカードに限らず、ローンなどで審査が必要なのも同じ理由ですが、デビットカードの場合は仕組みがクレジットカードと大きく異なっており、基本的には後払いではありません。銀行口座の預金を使ってリアルタイムに決済を終えられる、これがデビットカードの魅力です。当然ながら、銀行口座に残っているお金が足りない場合は決済自体ができないので、デビットカードを発行する金融機関にはリスクは存在しません。そのため、後払いのシステムがないデビットカードでは審査もないのが普通なのですが、デビットカードの中には後払いに対応しているものも存在します。一部の銀行が発行するデビットカードには、支払いの不足分を銀行が建て替えてくれる機能、足りない分を自動で融資する機能がついているのです。建て替えと、自動での融資は細かいところに違いがあるものの、後払いであることに変わりはないため、このような機能がついているデビットカードを作る場合には審査が必要です。

審査なしで預金の範囲内でしか使えないデビットカード、預金がなくても使える審査ありのデビットカード、この2つのどちらを選ぶかは難しい問題です。審査なし、銀行口座さえあれば誰でも利用できるデビットカードの場合、審査がないこと自体が見逃せません。デビットカードに限らずクレジットカード、ローンなどもそうですが、どのような審査基準があるのかは公開されておらず、知ることはできません。そのため、明確な対策も取りにくいのですが、中には確実に審査に落とされるとはっきりしている項目も存在します。それがいわゆるブラックリストであり、正確に言うと信用情報機関に掲載された事故情報です。クレジットカードやローン、キャッシングを利用した場合の情報などは全て信用情報機関に登録されており、度重なる支払いの延滞など金融機関に大きな迷惑をかけた場合は事故情報が掲載されます。支払いの延滞、自己破産や任意整理などの債務整理を行うなどの事故情報があれば、金融機関の審査では確実に落とされるのです。過去に債務整理を行ったことがあるなど、理由があって審査に通るのが難しそうな場合、審査の必要ないデビットカードを作ってください。また、使い過ぎの不安があるなら、後払いの機能がないデビットカードの方が安心感があります。

クレジットカードは便利ではあるものの、使い過ぎたあまりに返済が困難になり、債務整理の道を選ぶ人も珍しくはありません。デビットカードの後払いとクレジットカードは全く同じ機能ではないため、一概にデビットカードの後払いが危険とは言えないものの、ついつい使ってしまう恐れがあるなら、預金の範囲内でしか使えないデビットカードを選ぶのが無難です。後払い機能のないデビットカードは審査がないため、誰でも作れますが、銀行口座は必須です。そのため、何らかの事情で銀行口座が作れない場合には、デビットカードも同様に作れません。住所不定である、犯罪に使われた疑いのため銀行口座を凍結されたことがある、本人確認の書類を持っていないといったケースでは、銀行口座が作れないこともあり得ます。また、現時点ではマイナンバーは必ずしも提出しなくてもよいものの、2021年からは銀行へのマイナンバー提出の義務化が始まる予定なので、こちらも銀行口座を作る上でのネックになる可能性があります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。